スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子本解釈

お久しぶりです、AsuteriAです。1月はゆっくり過ごしました~。
そしてサンホラコスをガッツリしてました(c・∀・*)


一息ついたんで、女子本のあれこれ解釈語ります。
あくまで1サンホラーの解釈です。

女子本は、読んでいただければ判りますが、かなりの解釈を入れています。
サンホラの曲は純で憎であれ「愛」があると思っています。
その愛を相手に伝えるなら、をテーマに制作しています。
双子はイヴェールに、エリーゼとザベトはメルに。
そしてラフレンツェはオルフェウスに。

そんな愛の表現です。

・Roman


二つの物語があると思っています。
彷徨える《焔》(ひかり)の物語。
時を騙(かた)る《幻想》(やみ)の物語。

今回表現しましたのは《幻想》(やみ)の物語。
幻想の物語の真実の解釈は、前回のRoman兄妹本で表現しております。
つまり、兄イヴェとノエルの物語でのイヴェールへ。
その観点でのみ解釈し、表現しております。

なので双子はノエルのものです。
そして双子は「伝える・探す」というお人形。
だから狭間でイヴェールという存在を続ける。
イヴェールが存在し続けることがノエルの愛だから。
だから歌詞が見つけるではなく(探し続けよう)になると思います。

「巡り来る生のざわめき 太陽の風車」
「廻り往く死のやすらぎ 月の揺り籠」
それは逆転の理だと思うんです。

歌詞中にもある「…嘘を付いているのは誰か?」

嘘をついているのはオルタンシアだと解釈してます。
紫陽花の花の特性で紫(し)と紫(し)ではなく
イヴェールを青(せい)と紫(し)の間に閉じ込めて。
愛されていると、伝えないこと。
それこそが双子の愛だと思っています。

だから愛された瞬間、永遠の冬ではなくなる。

それでも愛されていて、それだけで、幸せだった
そういう表現を特典の男子アンサー本でさせていただきました。

この前読み方にもオルタンシアだけオルタンスと読んだり
するよねーって解釈があるって聞いてまた考察沼に入っていきました^^

余談ですが、黄昏の賢者だけは知っていますよね。
自分が内側の人間だと。だから屋根裏ロマンを残せた。
《幻想》(やみ)の物語はyaneuraromanへ繋がって居ると思っています。
そして屋根裏は呪われし宝石と繋がっている。

いつか《焔》(ひかり)の物語も表現してみたいですね。
そちらは確実に冬の伝言へつ繋がりますので。


・Marchen


メルヒェン本編の解釈はもう全部メルヒェンROMで
やりきったので多くは語りません。そちらにそっての物語です。
物語の策者は「イドルフリート」で表現しています。

エリーゼもエリーザベトも真っ直ぐな愛です。
でも同じ真っ直ぐな愛でも、全く違う。
対比を強く表現していますので、楽しんでいただけたらと思います。

エリーゼはお人形ということを誰よりもわかっていて
それでもメルを愛していて一緒にいたい。
エリーザベトはメルがもう死んだこともわかっていて
それでもメルを愛しているから迎えに来てくれると信じて待っていた。

それは憾みの楽譜があったからこそ繋がるのです。

イドヘ至るイドの中でイドを抱いたイドにあって
の表現もメルヒェンROMの中で表現したものになります。
異土へ至る井戸の中でイド(das Ich)を抱いたイドルフリートに会って。

両方に応える男子アンサー本のメルの表現も対比にしました。
番外編で星の綺麗な夜の予約特典のメル本もそれに絡ませてます。


・Elysion

こちらの愛の形も全然違いますよね。
オルフェウスが愛しているのは違う人で。

孤独なところに愛があれば求めてしまう。
ラフレンツェは意図的に野薔薇姫と同じように
「愛されたい」を強く出して表現しました。
そして同じように初恋のような初々しさも出しています。

ラフレンツェの愛は幼さ。
そして受け入れられません。だけど好きで、求めてしまう。
だからこそ「残酷な呪いの歌」を歌ってしまったんだろうなと。
最後のぺージの言葉が呪いの歌だと思っています。

完全に野薔薇姫の子ども解釈です。メルヒェンROMとリンクさせています。
意図的にオルフ、オルフェウス、赤青王子のビジュアルは同じにしています。
キャストも私で統一しています。
きっとアビスをする事があれば、同じく私がするでしょう。
そしてそれが私のエリュシオンの解釈です。

楽園を失った罪は「純潔を散らした」こともあると思うんですが
最大は「他を選んだこと」にあると思うんです。
楽園とは愛する人に愛される世界なのだと思います。
だからラフレンツェは永遠に愛されない。

呪いは愛されるまで永遠に繰り返す無限ループです。
ラフレンツェはアビス側も含めてもっと深く潜ってみたいです。



あくまで1ローランの解釈です。
ここまで読んでいただきありがとうございました!
sidetitleassasidetitle

AsuteriAが管理しているコスプレサークルです。soundhorizonの解釈を主としたコスプレ写真集中心に活動しております。 今まで発行したものはカテゴリ【発行物まとめ】をご覧下さい。

assa

sidetitleリンクsidetitle
当サイトはコスプレ・同人サイト様に限りリンクフリーです。
sidetitle過去作品sidetitle
「キミが生まれてくる世界」
説明はこちら

sidetitleサンプル集sidetitle
soundhorizon 似て非なる方々 cosplay photo book sample


【創作】女子の恋心
photo book sample
pass:smrs

soundhorizon 女子×愛 cosplay photo book sample


soundhorizon Roman cosplay
photo book sample
その他サンプルはこちら↓
Marchen cosplay ROM
「Luge Liebe」
イドへ至る森へ至るイド cosplay ROM
「Liebe」
聖戦のイベリア cosplay ROM
「amor」
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleAsuteriAsidetitle
関西にて活動中です。 個人ブログ「astly」

過去参加サークル
【S-ki】soundhorizonのコスプレROMサークル
【邪曲流者】オリジナルROMサークル。C隊隊長、華蔵梨叡で参加
カメラマンとして何サークルかお手伝いもしております
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle応援サイトsidetitle




sidetitle応援イベント・サーチsidetitle


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。